1. HOME
  2. 《受講者の声》エリマネスクールプランナー講座(オンライン)地方公務員Aさん

《受講者の声》エリマネスクールプランナー講座(オンライン)地方公務員Aさん

エリマネスクールで実際どんなことが学べるのか?
オンラインでの受講はどのようにやったらいいのか?

スクール受講を考える際に、いろいろ気になる点があるかと思います。内容や進め方の参考になるよう、これまでの受講者がどのように感じたのかをお伝えします。
今回は、遠隔地からオンラインでプランナー講座第5期(注)を受講した地方公務員Aさんの感想です。

注:2021年度(第6期)は同じ内容で「プランナー基礎講座」として開講されます。

どのような業務に取り組まれていて、受講を考えられましたか?

中心市街地の活性化を担当しています。最近話題の「エリアマネジメント」について深く知りたいと思い、検索していたところ、このエリマネスクールの記事を見つけました。
「エリアマネジメント」については、国の定義や活動例示等はありますが、取組場所によって組織体制や活動等が多種多様ということもあって腑に落ちる感じが持てなかったため、受講しようと思いました。受講にあたっては、オンライン開催という点も大きな後押しになりました。東京に何度も行くとなると、移動時間と受講料の何倍もの旅費がかかるためです。

スクールで参考になった内容は?

何よりも、講義と課題を通じて、エリアマネジメントを考えるうえで必要な事項を系統立って学べたことです。
また、グループディスカッションやグループ発表の準備を通じて、他の受講者の方の取組みや視点・考え方などを学べたことです。

スクールの進め方でよかった点は?

まず、動画で受講できた点です。集合研修だと聞き逃しや聞き間違いがあってもそのままとなるおそれがありますが、動画だと何度でも確認できます。視聴期間が2週間ありましたし、平均1時間のものが3本ずつでしたので、まとめて見る、1本ずつ見るなど、自分の都合に合わせやすくて助かりました。
次に、講義に合わせて段階的に自分のまちのエリマネプランを作成する、という課題です。自分のまちを再確認できただけでなく、他の受講者の方のプランを見たり、アドバイスをいただいたりすることができ、大変参考になりました。また、自分が伝えたいことがなかなか伝わらないもどかしさを経験できたこともよかったと思います。

受講して業務、活動の役に立ったことは?

具体的なところでは、スクールで作成したエリマネプランをまちづくり関係者の会議でプレゼンし、ひとつの案として共有できたことですが、個人的に最も役に立ったことは、講義(動画視聴)及び課題(プラン作成)を通じて、エリアマネジメントを考えるうえで必要な事項を系統立てて学べ、分析ツールや見せ方、視点や考え方などが身についたことです。例えて言うなら体質改善のようなもので、業務のあらゆる場面で知らず知らずのうちに活かされていると思います。結局、エリアマネジメントは、自分のまちに合ったスタイルを自分たちで考え、実践しなければならないわけですから、自分の頭で考えるという経験が最もよかったと思います。

エリマネを学びたい方へのメッセージ

私の知る範囲では、エリアマネジメントについて網羅的に系統立てて学べる機会は、今のところこのスクールだけではないかと思います。2週間ごとに課題を提出するのは私には正直ちょっとハードなときもありましたが、逆に言えば、約2ヶ月間、集中してエリアマネジメントを考えるよい機会となりました。
また、オンラインやチャットでではありますが、多様な地域・立場の受講者やスタッフの方との交流や、それぞれの地域の魅力や取組みを知ることができ、とても楽しいスクールでした。

プランナー基礎講座 (第6期)開講予定!

好評を得て、2021年度もエリアマネジメントスクール「プランナー基礎講座」を開催予定です。
4月上旬に詳細を公開予定ですので、ぜひ講座のページをチェックしてみてください。

関連記事