2017.11.10

光の海がきらめくインタラクティブイルミネーション 品川シーズンテラス イルミネーション2017

弊社が品川シーズンテラスエリアマネジメント企画運営として携わっております、品川シーズンテラスのイルミネーションが12月1日(金)~25日(月)まで開催いたします。

昨年も大好評だったインタラクティブイルミネーションがバージョンアップ! 品川に“究極のSNS映えスポット”が現る

品川シーズンテラスのイルミネーションは、カナール(水路)から東京タワーへと伸びる光がハンドベルの音色によって変化するインタラクティブイルミネーションとして話題を呼び、昨年度は18,000人が来場するなど、大盛況を収めました。第2回を迎える2017年度は、点灯エリアをカナールから右手奥の芝生広場へと広げ、更には新たなインタラクティブポイントを広場の丘の上に設置しました。丘の上に立った観客の動きに呼応して、広場の青い光の海が波のように煌めきます。青の煌めきと奥にそびえ立つ東京タワーとのコラボレーションは、見るものを魅了し、デートスポットとしてはもちろん、“究極のSNS映えスポット”としてお楽しみいただけます。

昨年2016年開催のイルミネーションがイルミネーションアワード13位に入賞

イルミネーションアワードとは

(一社)夜景観光コンベンション・ビューロー(東京都:代表理事・丸々もとお)とぴあ株式会社では、2017年11月9日(木)、「第五回イルミネーションアワード」授賞式を京王プラザホテル43階「スターライト」にて開催しました。イルミネーションアワードは、同団体が主管する全国約5,212名の夜景鑑賞士(夜景鑑賞士検定の有資格者)を対象に「実際に行ってみて良かった冬期イルミネーション」という項目で、国内の施設を対象にアンケートを実施。さらに一般投票を加えた総合得票ポイントによってランキングを決定しているものです。

引用:PRTIMES(https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000675.000011710.html

第五回イルミネーションアワード  イルミネーション部門にて、13位

「願いの鐘」が響くと、夜空に流星が、水辺に光が流れる、体験型イルミネーションを企画・運営を行いました。

また、「ミライへ」予感させる催しとして、ロボットと子どもたちによる点灯式を行いました。ロボットは、人体拡張型外骨格ロボット「スケルトニクス®」。霧の中から登場するロボット、そして未来を担う子どもたちが、会場に光を灯します。

昨年のイルミネーションはコチラ

たどる楽しみ! 4つの連続したポイントが誘う「光の旅」

品川駅港南口から品川シーズンテラス方面へ向かうと、まず見えてくるのは「光の大階段」。躍動感のある煌めきが刻々と変化、その先に広がる魅惑的な世界を期待させ、歩く人々を惹き付けます。階段を上がると、まるで全身が青に包まれているかのような光の世界「アトリウム」へと入っていきます。その先には昨年も多くの人気を集めた「カナール」。観客が鳴らすハンドベルの音色によって、東京タワーへと伸びる光の道が様々に変化し、観る者を魅了します。(インタラクティブポイント①)カナールから右手に目をやると、そこには一面に青い光の海が広がっています。その光の中を歩き、たどり着いた丘の上から手を振れば、動きに呼応してさざ波のように揺れ動く青い光の海。

QUOL業務

イベントの企画・運営・チラシ・ポスターデザイン制作・PR・情報発信