横浜磯子の大規模マンションのタウンマネジメント組織組成・運営

場所
神奈川県横浜市磯子区(横浜プリンスホテル跡地)
施設名
ブリリアシティ横浜磯子
クライアント
東京建物株式会社 他
期間
タウンマネジメント組織組成:2009〜2013年
業務内容
大規模マンションのタウンマネジメント組織組成・運営

提供サービス

◇タウンデザインコンサルティング:
大規模マンションのタウンマネジメント組織組成、事業検討コンサルティング
◇タウンオペレーション:
タウンマネジメント組織「磯子タウンマネジメント倶楽部」の運営

依頼の経緯

◇マンション住民以外の周辺住民も利用可能な共有スペース(グランドエレベーター、地域開放スペース、多目的スペース)をマンション内に整備したことから、マンション管理組合での一般的な管理が難しい。
◇横浜プリンスホテル跡地という地域にとって影響力の高いエリアを、開発事業者・周辺住民・行政などの関係者の納得感を醸成しつつ、価値あるマンション開発・運営を行いたい。

導入箇所について

対象地は、多くの人々に惜しまれながらも2006年に閉館した、横浜磯子のシンボルであった横浜プリンスホテルの跡地。敷地内には、旧皇族の邸宅であり、横浜市の歴史的建造物にも指定されている貴賓館(きひんかん)も残る由緒ある土地である。その由緒ある場所に、2014年春に誕生した1230世帯、約3,000人が住む大規模マンション。総面積は約11.7万㎡。東京ドーム約2.5個分の土地に、マンションの他、スーパーマーケットや病院・保育施設・レストランなどの商業施設を有する。

また、マンションが位置する高さ60mの高台に一気に昇ることができるエレベーターや、敷地内の多目的スペース(写真下)は、マンション住民以外にも開放されている。加えてマンション内では、興味・関心をテーマとしたイベントが年間約70回行われ、月1回「磯子ペニンシュラマルシェ」が開催されるなど、マンションでありながら、敷地もコミュニティも地域に開かれ、多様な交流が活発なマンションである。

サービス導入の箇所

◇コミュニティマネジメント・コミュニティイベント企画・制作の専門スタッフが常駐し、地域密着型のマルシェ・住民交流イベントの実施により、マンション内外、世代を問わない住民のコミュニティ醸成
◇上記により、住民の自立したコミュニティサークルのインキュベート(支援・育成)
◇ タウンマネジメント倶楽部の周辺住民会員の獲得により、事業者から手離れし、自立した組織運営体制の確立

他の事例を見る