2017.03.24

あなたが働くそのまち、家族や友人に自慢できますか?

弊社代表栗原がエリアマネジメントとその手法について講演を行いました。

都内に本社を置くある企業様の社内研修の1つとして、弊社代表栗原がエリアマネジメントとその手法について講演を行いました。

まちへの愛着とエリアマネジメント

既にCSR活動として、ビル屋上庭園に保育園児を招いた野菜収穫体験や、季刊誌の発行によるエリア情報・入居企業の紹介を行っており、「エリアマネジメント先進企業」なのです。

しかし、栗原の講演冒頭の質問、「自分が働くこのまちを家族や友人に自慢できる方はいらっしゃいますか?」に挙手をされた方は、全体50名のうち2,3名ほど。その後、栗原が最大の熱量をもって、弊社が手掛けた事例含め、世の中のエリアマネジメントプロジェクトや、今現在のエリマネ戦国時代の様子を1時間半にわたってお話させて頂きました。

決して大手不動産会社だけの手法ではないエリアマネジメント。なによりも、一人一人の「まちへの愛着」が大切なことをお伝えしました。

後日、社内で行ったアンケート結果と感想を拝見させて頂くとそこには、皆様の心にエリアマネジメントの必要性と栗原の熱い想いが突き刺さったことを確信しました。

さあ、この記事を読んでくださったあなたも、今日から「あなたが働くそのまちを家族や友人に自慢」しましょう!

そこから全ては始まります。

(廣川)