1. HOME
  2. Town Design Cafe

Town Design Cafe

クライアント:クオル(自主事業)
場所:表参道

「カフェから広がるまちづくり」の実験場

表参道にある私たちのオフィスは、2016年6月までカフェとして飲食営業を行っていました。昨今の再開発で求められる「地域拠点となるスペース」について、自らカフェを運営し実践することでポテンシャルを模索していました。たとえ、大規模開発でつくられる広大なスペースや潤沢な予算が無くとも、地域拠点となるスペースは実践可能ではないかという仮説を試す場となりました。運営期間約6年間の中で、アートイベントや表参道を自転車で巡るまちガイドツアーなどを企画開催し、渋谷区神宮前にある地域の魅力を発信するなど、業務で提案する「にぎわいづくりの仕掛け」となるものを生み出しました。

クオルがしかけたこと

地域拠点を運営して見つけた、にぎわいづくりのノウハウ

エリアマネジメントを導入する地域では、コミュニティ施設などの地域拠点を配置することが多く求められています。そのスペースを継続的に運営するためには経済面・人材面の課題が多いのが事実です。QUOLは自らカフェ形態のスペースを企画設計し、様々な実験(ロッカーをアーティストに貸し出した作品の展示販売、表参道の老舗お米屋さんとコラボした食に関するオコメセミナー、東日本大震災時にはカフェを帰宅困難者待機場として開放)など運営ノウハウを獲得しました。それは多くのエリマネ拠点を運営・提案することに活かされています。

Twitter https://twitter.com/towndesigncafe
Facebook https://www.facebook.com/TOWNDESIGNCAFE/
期間:2010年12月~2016年6月

関連記事