1. HOME
  2. 日本橋室町地区のにぎわい拠点開発

日本橋室町地区のにぎわい拠点開発

クライアント:三井不動産株式会社
場所:中央区日本橋室町 コレド室町1

様々な機能をコンパクトに集約した案内所

日本橋室町は「にんべん本店」や「山本海苔店」などの老舗や三越百貨店がある日本有数の商業地であり、そこに新しい商業施設コレド室町が加わることで、多様な来場者に対する情報発信拠点としての民設案内所を開設することが求められました。
QUOLは施設開発のディレクションを担当し、本来の観光案内に加えてカフェ・物販・イベント・情報発信などの機能を約150㎡の空間にコンパクトに配置し、日本橋の魅力的な地域資源を集約した、「にぎわいの拠点化」を目指しました。案内所には、壁面一杯に配置された「日本橋巨大マップ」や老舗店舗とコラボレーションを行ったオリジナルスイーツやお土産品が数多く揃えられています。

クオルがしかけたこと

日本橋の魅力を発信し、新たなファンづくりを目指して

従来の観光案内所がもつ「訪ねてきた人々の質問に答える」という受け身の機能だけではなく、情報発信やイベント開催などの機能を新しく加えて「人を誘引する」という攻めの場所として企画開発を行いました。それにより、「情報の拠点」としての新しい日本橋の魅力や姿を広く発信しています。

まち日本橋 日本橋案内所
期間:2013年3月~2014年3月
業務内容:

関連記事