1. HOME
  2. 日本橋 福徳の森

日本橋 福徳の森

クライアント:三井不動産株式会社
エリア:東京都中央区日本橋室町

日本橋室町のにぎわいと憩いの拠点

ここは日本橋のど真ん中に鎮座する福徳神社に隣接した屋外広場。エリア内では貴重な屋外イベント空間となっています。開発にあたり基本設計はすでに進行していましたが、開業後にこの広場を上手に活用していくためにイベントスペースとしての仕様や設備の検討ならびに運用方法の検討が求められました。
まず、この広場でどのようなイベントが開催可能なのかを踏まえ使用シミュレーションを行ったうえで、イベント利用者の視点を持ち、仕様の見直しや設備の追加計画を行いました。
また、同エリアにある「江戸桜通り地下歩道」の活用の為に設立されたエリアマネジメント法人がこの広場を運用する仕組みを導入し、日本橋室町地域全体のにぎわい創出を担う組織として発展させました。

クオルがしかけたこと

道路と一体利用を可能にする施設計画の提案

仕様検討にあたり、重視したのは広場に接する道路との関係性です。小規模な広場であるため、広場のみではなく道路と一体的な活用を行うことを考え、道路境界に設置した植栽の一部を可動式としました。それにより、イベント利用面積が増えるほか、道路封鎖を行うことでより大きな空間をイベントの場所にすることが可能となります。
また、エリアマネジメント法人がこの広場以外にも、福徳神社からコレド室町へと続く通りなど他にあるイベントスペースをも合わせて貸出営業を担うことで、日本橋室町エリア一体管理が可能となり、エリアのまとまりが生まれるようになりました。

公式WEBサイト https://muromachi-area.jp/
期間:2013年4月〜2016年10月
業務内容:コンサル、広場仕様ディレクション

関連記事