2016.09.16

オフィス愛着づくり計画vol.1

QUOL社員集結

7月某日、梅雨明け前とは言えギラギラと太陽が照り付ける中、クオルの社員が某所に集合!
社長からすかさず大小のローラーを持たされる社員達。

社長「ここを、こう、下から上に、ムラがないように、高いところは残していいから、小さなローラーで細かいところを塗って、ハケもあるから。その前に養生しなきゃ、はいこれ(養生テープ)持って。汚れるのがいやな人、カッパもあるから。手汚れるから手袋もしてね、利き手。」

テンション高いなぁ…!

珪藻土(けいそうど)?を混ぜた?どろっとした重い塗料で、いざ、壁塗り!

ところでここはどこの壁でしょう?
入って左手には大きな表参道の地図、そこには数々の付せんが貼られ、街に関するコメントが書かれています。

ここは元タウンデザインカフェ、クオルのNEWオフィスです。
内装を変えるにあたり壁をきれいに塗り直すことになり、どうせなら自分たちも手を加えた思い入れのあるオフィスを拠点に仕事を、と社員みんなで壁を塗ることになりました。

 

愛着プログラムはまちづくり

これは、まちづくりにも重なる部分があります。
住む人や対象となる人々がどれだけその街に思い入れを持てるか、というのは、クオルの掲げているテーマの一つでもあります。(つまり愛着プログラム!)

まずは社員自ら体現を!ということで、自社オフィスの塗装を施した次第です。
まちづくりには、楽しい要素ももちろん大切なのです。

他にもクオルのオフィスには見どころがたくさんあります。
お越しになる際には、こだわりのオフィスをぜひご覧になってください。
(西里)