小村 周子

Chikako Komura
アシスタントディレクター
 

 

 

PROFILE

小村 周子
東京都市大学都市生活学部を卒業。学生時代は空間デザインとコミュニティマネジメントを中心にまちづくりのハードとソフトの両面を学ぶ。在学中は、地元である三鷹の地域活動に参画。「三鷹まち活塾第3期生」を修了するなど、精力的に活動。大学卒業後はイベント企画を行う企業に就職するが、新型コロナウイルス感染症拡大の打撃を受けるが、個人で地元での活動に力を入れ、ロゴデザインや看板製作などのアート活動や、様々なプロジェクトの企画・運営を行ったりと前向きに活動の幅を広げていった。その後、まちに関わる仕事をしたいと考えクオルに入社。仕事でも趣味としてもまちに関わり続ける生活を送っている。

好きなまち

三鷹市

理由

生まれも育ちも三鷹。これからもずっと大好きなまちです。 三鷹の森ジブリ美術館があり、国立天文台があり、太宰治の聖地ではあるものの、有名処は少ないかもしれません。 しかし、三鷹の魅力は何といっても人。「居心地がいい」と思えるこのまちの雰囲気は、人々のあたたかさが滲み出ているからだと思います。 昔から地域で活動するプレイヤー魂が受け継がれてきたようなパワフルさと、 あちらこちらでまちに開かれている拠点、住民を包み込むような場づくりは、 家族のような安心感があります。 ちょうど東京の真ん中、都心からもほどよい近さで自然も豊かな三鷹のまちに、ぜひ訪れてみてください。

メンバー一覧へ戻る