一般社団法人淡路エリアマネジメント組成コンサルティング

場所
千代田区
施設名
ワテラス
クライアント
市街地再開発組合(安田不動産他)
期間
2007〜2013年
業務内容
複合施設:ワテラス

提供サービス

◇エリマネコンサルティング
都心型再開発事業に合わせたタウンマネジメント組
織組成、事業検討コンサルティング

依頼の経緯

◇再開発事業推進にあたり、千代田区より街の運営組織(エリアマネジメント団体)の組成ならびに活動展開が求められた。
◇再開発事業竣工により新たに街の構成員となる住民・オフィスワーカーと、従来から神田地域に住む人々、働く人々それぞれにとって魅力を創出し、新しい神田淡路町のイメージを発信し続け、地域の価値を高めたい。

導入箇所について

JR御茶ノ水駅より南東5分ほどの場所に位置した、旧淡路町小学校周辺を対象とした第1種市街地再開発事業(淡路町二丁目西部地区第一種市街地再開発事業)。古くからの住宅密集地であり、環境面、防災面等からも課題を抱え、都市機能の更新による新たな整備が望まれていた。明治大学、日本大学をはじめとして周辺には大学が多く存在するが、キャンパスの郊外への移転や周辺家賃の高騰などにより、学生居住者だけでなく居住人口の減少、高齢化により賑わいが失われつつある地域であった。

再開発事業において、学生マンション(36戸)を整備するなどし、エリアマネジメント法人と共に地域の資源でもある学生が、地域活動を展開している。「人情・情緒を引継ぎ、大きなコミュニティをはぐくむ ~新・旧住民、就労者、学生を交えたコミュニティづくり~」を活動理念とし、「ワテラスマルシェ」や子ども向けイベントを展開するなど、多様な交流を生みだすきっかけづくり一般社団法人淡路エリアマネジメントが行っている。

サービス導入の成果

◇地域交流型のイベントの実施により、新旧住民、オフィスワーカーの交流のきっかけ創出
◇学生マンション入居学生を核とし、地域活動を展開することにより、地域内での存在感の高まり
◇周辺の既存組織やイベント等と連携することにより、地域全体価値を高める活動を展開

他の事例を見る