2015.09.28

日本橋に話題を集める、江戸桜通り地下歩道

P1-5_2
昨年から日本橋の話題が絶えません。
2014年春、コレド室町の新たな棟が開業、同時におもてなしの街・日本橋を案内する「日本橋案内所」がリニューアルオープンしました。街の紹介はもちろん、日本橋の老舗とコラボレーションしたメニューが気軽に楽しめるカフェや、日本橋の名店約50店舗の選りすぐり商品がずらりと並ぶお土産コーナーも併設され、日本橋のいいものが集まっている案内所として好評です。

P1-2_2
また、コレド室町3には和室レンタルスペース「橋楽亭・囲庵」がオープン。お茶や着物の着付け、伝統的なおもてなしを気軽に体験できるイベントなどが定期的に開催され、海外のお客さまにも喜ばれています。

P1-T_3
日本橋の魅力を伝えるこれらの施設をつないでいるのが、東京メトロ 三越前駅とも直結している「江戸桜通り地下歩道」です。この地下歩道は一般的な歩道とは少し違い、様々な機能や設備をもち、災害時には帰宅困難者の一時滞在施設にもなります。15台の縦型デジタルサイネージと横3.6m、縦2mの巨大デジタルサイネージが設置されており、トイレや空調も完備。天井・床には桜モチーフがデザインされ、照明も温かみのある光を採用し、地下歩道でありながらも品のある空間となっています。

設置されているデジタルサイネージ放映にも特徴があります。ひとつは全16面各々に異なる動画の放映が可能であること、もうひとつは音声の出力が可能なことです。

P1-T_2
今春に放映された東京藝術大学による動画は、この地下歩道のデジタルサイネージの特徴を生かした放映のひとつです。日本橋室町地域で実施された「日本橋 桜フェスティバル」のひとつのコンテンツとして、雅楽の曲に合わせ、桜をバックに16面の中を龍が次々と移動する迫力ある作品を放映。作品発表の場としてデジタルサイネージを活用するという新たな可能性を広げた取り組みとなりました。

P1-1_2
また、7月初旬にはイベント開催と同時に全16面のデジタルサイネージジャック放映を実施し、七夕にちなんだトークショーでは日本橋でも見ることができる星空の紹介などと共に、デジタルサイネージには七夕をイメージさせるビジュアルを放映。あたかも劇場のような空間となった地下歩道には、ふらりと立ち寄るワーカーや買い物客も多く、夏の夕方のひと時を楽しんでもらえるイベントとなりました。

現在、このように様々な取り組みが行われている江戸桜通り地下歩道ですが、本来この地下歩道は公道(中央区区道)であり、基本的にはイベント開催や企業の利益となる取り組みを行うことは難しい状況にありました。
しかし日本橋はもとより広場がほとんどありません。そのため、この地下歩道も街の賑やかしに活用できる場所として着目されることになったのです。中央区が指定する防災拠点としての役割も担いながら、街にとって有益な場所とするべく、2014年10月、一般社団法人日本橋室町エリアマネジメントを設立されました。

次ページ:日本橋の価値を高め、賑わいを生み出す仕掛け