2015.09.28

最先端技術がミドリの上に集結!品川の広大な緑地でテクノロジーマルシェ開催

1
品川駅の東側、オフィスビルが立ち並ぶ街を歩いていると、立派なソメイヨシノと真新しいビルに出くわします。その中へと歩みを進めていくと、突如として広大な緑地公園が現れます。ここが、2015年5月にグランドオープンしたオフィスビルとこの公園を併せ持つ施設、『品川シーズンテラス』です。

オープンして間もない5月最後の週末、この公園の中で品川テクノロジーマルシェ『品テクマルシェ on the GREEN』が開催されました。テクノロジーのマルシェというだけあって、マルシェの各出店ブースはそれぞれに独自の技術を披露しています。スマートフォンやタブレットで操作する球体ロボット、机の上などの小スペースで動き回れる小さな二足歩行ロボットやプログラミング経験がなくても扱えるデジタル工作キット、テーブル型の発電カメラ、小型で軽量の月面探査ロボットなど、見ているだけでも楽しいですね。

2 3
どのブースも、モノづくりの現場にいる方々が直接来訪者に自慢のテクノロジーを伝えられる場となっており、工作したり操作させてくれたりと、技術を実際に体験することができます。
ひとつずつ楽しんでいくと、あっという間に時間が経ってしまいそうです。中でもとくに楽しんでいるのは、子連れのファミリー層。「品川はビジネスマンの街というイメージだが、このイベントは子ども連れのファミリーが楽しめる。これからも楽しみ」、「自宅近くは公園が少ないので、緑が多いのは嬉しい。休日にまた家族で来たい」と話します。

5 7
出店者する方々も、普段技術を披露することのない一般の人々、特に子どもたちが楽しんだり喜んだり笑ったりする反応を見ることができ、新鮮でとても貴重な機会だと口を揃え、充実ぶりがうかがえます。

4
品テクマルシェは、品川シーズンテラスのオープンとともに始動した「品川シーズンテラスエリアマネジメント」の活動の目玉のひとつ。一体どういう目的でこの活動が産声を上げ、イベントが開催されたのでしょうか。

次ページ:働くこと・住まうこと・遊ぶことがわくわく楽しくなる品川を目指して