2014.12.22

1/22“日本橋再生計画”街づくりにおけるデジタルサイネージの役割

クオル代表の栗原がパネラーとして参加する『SC(ショッピングセンター)ビジネスフェア2015』のご紹介です。

弊社では、日本橋にあるコレド室町の日本橋案内所・江戸桜通り地下歩道のデジタルサイネージ設備の開発・企画・ディレクションを致しました。プロジェクト内容は、こちらからご覧になれます。

このフェアには、HPにエリア情報を掲載するなど町の新しいコミュニケーションをつなげる商業施設「トラッド目白」を手掛けたNTT都市開発や、「キツネやタヌキが出る場所」から初の駅前出店「イオンモール岡山」を開業したイオングループなど、デベロッパーも多く参加するため、就活中&就活を控えた学生さんにとっては、会社説明会や新卒採用ホームページからは得られない情報が見つかるかもしれません。