2014.10.10

行く前に知っておきたい!ビクションにトランスアーツトーキョー、ザ・ミラー…解体前のビルでイベントを行う理由

台風が去って、また一段と涼しくなってきました。秋ですね。秋といえば芸術、芸術の秋。まちなかでも多くのアートイベントが開催されています。そのなかでも最近話題になったのが「BCTION(ビクション)」。 東京は千代田区麹町にある解体予定のビル「ニュー麹町ビル」の全9フロアを使って行われ、1万5千人以上が来場したアートプロジェクトです。

Bimage1 Bimage2

このイベントの背景は「2020年のオリンピックや耐震性の問題から取り壊されていく建物が増えていく中で、その建物をアーティストの表現の場として、再利用し、アートを盛り上げたい」という主宰者の思い。

東京のみならず、全国には耐震性の問題から建て替えを必要とするビルやマンションが残されています。 2011年時点で旧耐震ビルは都心地区で45%というデータも(※1)。アート分野以外でも解体前のビルを再利用したイベントが増えていくかもしれません。

ちょっと毛色は違いますが、2013年に閉鎖された東横線渋谷駅は、イベントスペース「SHIBUYA ekiato」としてビアガーデンやライブ、UNIQLOのポップアップストアなどが展開されていましたね。

と、ここで一つのギモンが。

BCTIONのように自分たちの活動の場を求めている人はたくさんいるかもしれない。だけどビルを提供する側にとってはどんないいことが?社会貢献といえばそれもそうだけど他のメリットは?

その答えのひとつは、ビルを解体し、建て替えた後、のことを考えると見つかります。 ビルは、当然建てて終わりではなく、そこを使う人、つまり入居してくれるテナントを探し、入ってもらわなければいけません。これが“テナントリーシング”と呼ばれるもの。

ビルを所有する側は、“高い家賃でも入居してくれる” “ビルのイメージやまちにくる人のニーズに合う”など、できるだけいいテナントに入ってもらおうとします。

20080309_ginza_977_w800

銀座の一等地のビルに空きテナントがあるとすると、銀座に来る人のニーズに合う高級ブランドや、高級ブランドでなくても、UNIQLOやH&Mなど高い家賃を支払える大資本の会社を誘致しますし、六本木ヒルズには名だたる企業のオフィスがありますが、そのことがビルのブランドをあげています。

そのためのプロモーションのひとつの手段として、解体前ビルを使ったイベントがあるのです。イベントがあることで、ビルのことを知ってもらい、さらには「あのイベントをしたビル」と付加価値がつく。

解体前ビル素材01

BCTIONの会場となったニュー麹町ビルは、10月以降に取り壊されるとのこと。ビルにとっては、これからが本番というわけです。

同じく“解体前の”旧東京電機大学、さらに解体後の土地を利用したTRANS ARTS TOKYO(トランスアーツトーキョー)は、旧東京電機大学の跡地周辺が、千代田区の策定した「神田警察通り沿道賑わいガイドライン」によって、「文化・交流ゾーン」に指定されています。

この土地を取得している住友商事は、神田警察通り沿道賑わいガイドラインに沿った開発・まちづくりをすることが求められるので、東京電機大学の跡地でアートイベントを開催することもうなずけます。

BCTIONというアートイベントの成功により、解体前ビルや解体後の空地の活用が今後増えるかもしれませんが、場を提供する側は、単なる話題づくりではなく、建替え後のビルのコンセプトや、さらにまちの動向やブランドを考慮し、持続的に発展できる視点が必要そうです。


解体前のビルを利用して行われるアートイベント

TRANS ARTS TOKYO 2014 -神田リビングパーク-

▷2014年9月20日-11月3日@旧東京電機大学跡地など千代田区神田界隈
2012年から始まったこのイベント、2012年の会場となった旧東京電機大学の校舎はすでに解体され、2013年はその地下空間と周辺の空きビルが会場に。そして2014年の会場となるのは建物がなくなり、更地となった広い空間です。

TAT2012
写真は2012年のもの

THE MIRROR ーアートの鏡が真実を映し出すー

2014年10月16日-11月9日@名古屋商工会館(銀座4丁目和光近く)
※完全前売り予約入れ替え制 
※前売り券の販売は観覧日の3日前まで
ビルは今年で84歳!戦災を生き延びたビルです。建物入り口や中もレトロな雰囲気。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

※1ニッセイ基礎研究所「不動産投資レポート」(2014年2月5日)
http://www.nli-research.co.jp/report/real_estate_report/2013/fudo140205.pdf

更新情報お知らせ中!

まちづくりbizのFacebookページ