2014.09.26

タウンマネジメント組織のアシスタント・マネージャーを募集しています。

※現在募集しておりません。

募集要項・ご応募は、▶日本仕事百貨の募集ページよりお願い致します。
日本仕事百貨内の記事の他、現地で働くスタッフの声や様子は本ページでご覧頂けます。


クオルは、タウンマネジメント・エリアマネジメントを活用した先進的なまちづくりを手がける会社です。

img1

今回、京浜東北線・根岸線磯子駅近くの約3,000人が住むマンション“ブリリアシティ横浜磯子”のタウンマネジメント業務を担う「磯子タウンマネジメント倶楽部」のアシスタント・マネージャーを募集します。

六本木ヒルズや東京ミッドタウンなどに代表される「六本木エリア」、丸ビルやオシャレなショップが集まる「丸の内エリア」には行ったことがありますか?

実は、これらのまちには、「タウンマネジメント」が導入されています。

タウンマネジメントとは、人・用途・機能など多様な関係者が属する地域や施設をひとつのまちと捉え、専門の体制により横断的・総合的に調整しながら管理・運営するまちづくりの手法です。

ひとつのまちとして管理・運営することで、効率的に美しい街並みの維持や防犯・防災対策を行うことができます。

また、まち全体でイベントや話題発信をすることで、まちのブランドをつくります。そして、人が集まることでまちをにぎやかに楽しく、活性化させることができます。

六本木ヒルズの場合は、ショッピングエリア・映画館・美術館など点在する施設をひとつのまちと見立て、横断的にイベントを行っています。

例えば、六本木アートナイトやけやき坂のLEDイルミネーション、グリーンカーペットで有名な東京国際映画祭などです。

六本木アートナイト
(六本木アートナイト)

そうした取り組みは、不動産会社の利益につながっていきました。

なぜなら、六本木ヒルズのような魅力的なまちに、行きたい、住みたい、働きたいという人が増えることで商業施設の売上や資産価値、家賃が上昇していくからです。

代表の栗原は森ビルに就職し、お台場ヴィーナスフォートや六本木ヒルズの立ち上げから運営までを手掛けるなかで、タウンマネジメントに出会いました。

これからの日本のまちづくりにタウンマネジメントが役立つ。その可能性を感じ、クオルを2005年に立ち上げました。

現在クオルがこの新しい仕組みであるタウンマネジメントを活かし、手掛けるまちの一つが、冒頭に出てきたブリリアシティ横浜磯子です。

磯子I-2

元は磯子のシンボルだった横浜プリンスホテルの跡地ということもあり、地元にとっては愛着のある土地。

敷地内には、旧皇族の邸宅だった貴賓館という歴史建造物やスーパー、クリニック、美容院などの商業施設も入っていて、ひとつのまちのようでもあります。

クオルは、デベロッパーに対してタウンマネジメント導入のコンサルティングを数多く行ってきましたが、タウンマネジメント組織を自分たちで運営するのは、ここ磯子が初めて。

マンションの企画開発段階からタウンマネジメントの導入コンサルティングを5年かけて行い、組織を運営してもうすぐ1年が経ちます。

DSCN1048-2

マンションの購入を検討する人にとって、2011年の震災以降は特に、駅から近いなどの利便性だけでなく、ご近所さんの顔が見えるとか安心・安全に暮らせる、ということを大事にする人も増えています。

そのため、良好なコミュニティがある、ということがマンションを売るための付加価値になる、と捉えるマンションデベロッパーも増えてきています。

今までの地域コミュニティは町内会が支えてきましたが、現在では、親世代は集まるけれど若い人は参加しないといった世代間や新旧住民間の隔たりも見られるようになってきました。

そういった地域コミュニティの現状をふまえ、今の時代にあう自然な、コミュニティを育む方法として、磯子では、“興味・関心”をテーマにしたイベントを数多く開催しています。

例えば、地元に根付いたお店が多く集う磯子ペニンシュラマルシェや、ヨガ、こどもリトミック教室に太極拳、そば打ち教室など。

磯子G(リトミック)

クオル代表の栗原に、イベントの様子について話を聞いてみます。

「町内会では、同じ地域に住んでいるから仲良くしましょう、でした。ここでは、興味・関心をきっかけに世代を問わない交流が生まれています。

例えば、ヨガ教室は若い人に人気だと思われがちですが、主婦やOLはもちろん、50代の男性や70代の女性も一緒に参加しています。参加者同士が会話がしやすいようにプログラムも工夫しています。」

磯子E(ヨガ)

こういったイベントの企画やイベント講師・マルシェ出店者のコーディネート、運営を、磯子タウンマネジメント倶楽部のクオルスタッフが常駐して行っています。

この新しい仕組みの一躍を担う人として、磯子タウンマネジメント倶楽部の「アシスタント・マネージャー」を募集します。

クオル本社と倶楽部をつなぐ役割を担う内原に話を聞きます。

アシスタント・マネージャーってどんなことをするんですか?

「倶楽部の仕事は大きく分けて2つあります。マンション内のコミュニティスペースの管理とイベントの企画制作です。

どちらも学びながら、まずは、イベントの企画運営の担当者から責任者へ、そして将来的にはマネージャーとして1人で出来るようになってもらいます。

ほか、クオル本社とのコミュニケーション、マンション管理会社などまちの関係者との協力関係を築くための戦略づくりも担ってもらうことを考えています。

倶楽部は、単にマンションに住んでいる方ためにあるだけではなく、磯子というまちや、クライアントであるマンションデベロッパーや管理会社の立場で考えることも必要です。

そういったことを見通して、自分で考えて、スタッフを巻き込んで、行動をする。

全体を理解してディレクションすることが大事ですね。」

どんな人にぴったりだと思いますか?

「イベントの企画・制作・運営経験やマネジメント経験がある方ですね。

あとは営業の経験がある方もよいですね。倶楽部の主な財源は住民が負担する月会費ですが、今後は周辺の地元企業を中心として協賛を募り、イベントなどを一層充実させるとともに、負担を少しずつ下げていきたいと考えています。

実際に六本木ヒルズでは、まちにスポンサーがつくことによって、協賛金を得て、様々なイベントを行うことができているんです。」

sDSCN1160

ブリリアシティ横浜磯子内にある磯子タウンマネジメント倶楽部の事務所にやってきました。

大きな窓から太陽の光が差し込み、明るく開放感があります。誰でも自由に使えるテーブルと椅子やソファー、イベントの様子を写した写真がにぎやかに飾ってあり、とてもアットホームな雰囲気です。

DSCN0898-2

ここで、現在マネージャーとして働く加藤さんが、笑顔で迎えてくれました。

倶楽部の仕事に出会ったきっかけはなんですか?

「イベント制作の仕事を10年ほどやってきたのですが、学生時代からまちづくりをやりたいと思っていたんですね。

イベントの仕事をある程度出来るようになったので、独立するかまちづくりをやろう、と考え始めて。自分はどんなまちづくりができるかなーって探していたときに、求人を見つけました。」

DSCN0997-2
(写真右が加藤、倶楽部のスタッフと一緒に)

イベントという今までの経験を生かしてまちづくりができる、それにマッチしていたんですね。

実際に仕事をしてみてどうですか?

「まちづくり、という漠然としたものが、具体的に何をやればいいのかわるようになってきましたね。思い描いていたのとは、違いました。特にまちの中での関係の作り方とか。」

「倶楽部と住民というつながりもありますが、イベントの講師と参加者、参加者同士のつながりもあります。

イベントの参加者の方たちが、旅行に行きたいねって話をしていて、そこにお茶に関するイベントをしている講師の方が、だったら静岡の茶畑に行こうって話に乗っかって。

イベントに参加したことで、その場にいる人同士のつながりが深まっていく、そういうのを見ると嬉しくなりますね。」

DSC_0088

一方で、課題はありますか?

「タウンマネジメント組織自体が新しい仕組みで、これを目指せばいいっていうモデルケースがないので、手探りな部分がある、というのが課題というか現状ですね。」

手探りというのは?

「この仕組みを続けていくためには、ビジネスモデルとしてしっかり確立させないといけません。運営資金は、マンションの住民の方から月会費を頂いて、負担してもらっているわけです。

この仕組みを誰にどう売って、仕事をしていくか。単につながりをつくる、まちづくりをする、という視点だけではやっていけないのが、難しくもあり、楽しいところでもありますね。」

どんな人と一緒に働きたいですか?

「責任感がある人。どんな仕事でもたくさんの人とコミュニケーションするんですが、特にこの仕事は、巻き込んで直接的に関わるので、人と人とのつながりが、より重要なんですね。

だからこそ、いろんな人の時間をたくさん頂きます。そこをわかった上で、やる以上はしっかりやる人と働きたいですね。」

DSCN1125-2

最後に栗原から、読んでいる方へのメッセージ。

「タウンマネジメントの仕事の多くは、人とのコミュニケーションです。その中で相手が本当に求めていることを導き、実現していく。相手が大企業でも住民でも同じです。だから対話がとても大切です。」

「QUOLの考えるまちづくりは、まちと、そこに暮らす人々の関わりを深める仕組みをつくることです。

磯子ではその仕組みが始まりましたが、今後も運営で関わり続けて、より良い仕組みへと改善し続けていきます。それがクオルの姿勢です。」


※現在募集しておりません。
募集要項・ご応募は、▶日本仕事百貨の募集ページよりお願い致します。