2014.08.16

【前編】横浜プリンスホテル跡地に2000人が訪れる新名所誕生!

img1

みなとみらいの高層ビル群や横浜港、三浦半島を臨む丘の上に、色とりどりの風船約500個が、子どもたちの笑顔とともに舞い上がる。第1回磯子ペニンシュラマルシェのオープニングセレモニーのひとコマです。磯子区長をはじめ周辺の町会長、住民、20店舗に及ぶマルシェの出店者など約2000人が集まり、新たな街の誕生をお祝いしました。

磯子ペニンシュラマルシェの“ペニンシュラ”とは英語で「半島」という意味。神奈川県の南東部にある三浦半島のことを指します。地元磯子をはじめ、横浜や三浦半島の旬が集まる美味しいマルシェです。

磯子21

実はここ、横浜磯子のシンボルだった横浜プリンスホテルの跡地。旧皇族のお屋敷だった貴賓館(きひんかん)もある由緒ある土地。なぜそんな場所でマルシェが開催されることになったのでしょうか?

磯子32006年に多くの方に惜しまれながら閉館した横浜プリンスホテル。

磯子4横浜市認定歴史的建造物である「貴賓館(きひんかん)」現在は建物の雰囲気はそのままにレストラン「中村孝明」になっています。

次ページ:横浜プリンスホテル跡地で始まる新たなまちづくり